高配当株で失敗しないためには3つの指標に注意!罠銘柄を避けましょう

高配当株で失敗しないためには3つの指標に注意!罠銘柄を避けましょう投資方法

ただ株を持っているいるだけでお金を貰える。

それが配当金の魅力です。

高配当株という多くの配当金を出してくれる企業もあり、中には持っている株式の金額の5%を超える配当金を出してくれる企業もあります。

しかし、気を付けたいのが

本当に配当金を貰い続けることが出来るのか?

ということ。

それを見極める為に、必要な指標を解説いたします。

株式投資の勉強とスタートアップにはネオモバイル証券

ネオモバトップページ

 

ネオモバの口座を開設する

※口座開設は無料です

高配当株を買う際に注意すべき指標は3つ

3つのポイント

メメ
メメ

株を持っているだけでお金が貰えるなんてお得だよね!

トシ
トシ

そう、配当金は非常にいいものです。
ただし、選ぶなら優秀な会社を選びたいですね。

配当金を出してくれる企業は数多くありますが、高配当でかつ安定的に配当を出してくれる企業はそこまで多くありません。

 

でもそんなこと言われても選ぶ基準なんてわかりませんよね。

メメ
メメ

高配当株ってどうやって選んだらいいの?

トシ
トシ

教えましょう。

高配当株を選ぶ際に必要な指標は以下の3つがあります。

  • 配当利回り
  • 配当性向
  • 売上高変化率

更に結論を言ってしまえば下記が指標の基準となります。

  • 配当利回り3%以上
  • 配当性向50~80%
  • 売上高変化率0%以上

高配当株の条件①配当利回り3%以上

虫眼鏡と雲

一つ目の指標は配当利回りです。

これは「しっかりした高配当株を選ぶ」ための条件、というよりは「高配当である」為の条件です。

 

配当利回りは以下の式で表せます。

配当利回り(%)=年間配当額÷株価×100

株価が1000円に対して、年間配当が30円もらえたら、30円÷1,000円=3%です。

配当利回りは企業によって様々ですが、1%から2%程度の企業が多いです。

 

ですが、高配当株を狙う場合、配当利回りについては最低でも配当利回り3%は確保したいところです。

 

本音をいうと4%以上ですが、優良企業が割高になっている場合や分散を利かせる場合を考えると、難しい場面が出てくるため、3%以上としています。

 

最低3%という認識で株を買い進めれば、恐らく平均の配当利回りに直すと4%程度は確保できると思います。

 

なので、単一銘柄の配当利回りが3%程度だとしても気にせず買い進めましょう。

総合的な配当利回りが大切です。

メメ
メメ

なるほどね!
じゃあとにかく配当利回りを高い株を買えばいいね!

トシ
トシ

そういうわけにもいかないのが株式投資なのです。

 

上辺だけの配当利回りだけで選んでしまうと、配当金がもらえるどころか、損を出す可能性もあります。

こちらを見てください。

 

メメ
メメ

配当利回り18%?買いだ!

トシ
トシ

ここに落とし穴があるのです。

実はこの配当、特別配当というものが含まれています。

 

特別配当というのは名前だけ聞けば特別な感じがしてよさそうですが、言ってしまえば利益が出ていないのに臨時で配当を出しているのです。

利益が出ていないのに配当を出しているということは企業としては資金が流出してやせ細ってしまいます。

 

以前選んではいけない投資信託の5つの条件で解説した分配金ありの投資信託と似たようなものです。

メメ
メメ

毎月分配型の投資信託はダメってやつだね!

トシ
トシ

そうです。毎月分配型の投資信託も利益が出ていなくても配当金を出す仕組みでしたね。

なので、こういった銘柄は避けなければいけません。

 

そして今回のマクセルホールディングスの場合、普通配当が36円に対して特別配当の額は一株当たり250円。

つまり、本来は配当利回り2.2%のところ、特別配当250円のおかげで18%まで膨れ上がっているのです。

配当のうちほとんどが特別配当で、次回以降の配当には反映されないので、継続的な配当金を貰うのには適した銘柄ではないことがわかります。

トシ
トシ

見かけの配当利回りに騙されないよう注意。

高配当株の条件②配当性向50~80%

ローソクチャートとペン

配当利回りについては「高配当株である」という条件でしたが、配当性向については「高配当が今後も継続してくのか」という観点の指標です。

トシ
トシ

継続的にもらえない配当にさほど価値はありません。

さて、配当性向とは当期純利益のうち、何パーセントを配当として株主に還元するかを表す指標です。

計算式は下記の通り。

配当性向(%)=1株当たりの配当額÷1株当たりの当期純利益×100

 

1株当たり30円の配当金が貰え、1株当たりの当期純利益が100円の場合、

配当性向は30円÷100円=30%です。

 

配当性向については50%~80%の企業が高配当株としては優秀といえます。

日本企業は配当性向が低い傾向があり、大体30%程度の企業が多いです。

 

しかし、JTなど高配当で有名な企業は70%近くあります。

こういった株主還元意識の強い銘柄を選定しましょう。

 

配当性向が高いということは利益を株主に還元する意識が高い企業です。

 

しかし、中には配当性向が100%を超えている企業もありますが、これは危険です。

配当性向が100%を超えているということは利益以上に配当金を出しているということなので、長続きしない可能性が高いです。

 

配当性向は企業の方針を見るのには一役買いますが、今後の増配余力を考えるのであれば疑問が残る指標にもなります。

企業の減益が見込まれる場合、配当金どころではなくなってしまう為です。

配当性向50%の銘柄で前年比較で50%減益となった場合、前年と同じ配当金を出そうとすると配当性向100%となってしまいます。

 

しかし一方で配当性向10%の銘柄で前年比較で50%の減益となった場合は前年と同じ配当金を出しても配当性向は20%。

まだまだ利益が残っており、配当金を出すのにも余裕があります。

なので、配当性向だけで判断するのはとても危険なので、注意しましょう。

トシ
トシ

景気に左右されず、継続的な利益が見込まれる企業が条件ですね。

高配当株の条件③売上高変化率0%以上

右肩上がりのチャート

配当性向も大切ですが、実際売り上げの平均伸び率も重要な指標です。

 

売上高変化率は以下の式で表せます。

売上高変化率(%)=(当期売上高-前期売上高)÷前期売上高×100

前期の売上高が10億円で、今期の売上高が12億円の場合は

(12億-10億)÷10憶=20%です。

 

 

配当性向で利益が出ていることは確認できますが、経費を削減した結果利益が出ているのか、売り上げも継続的に出たうえで利益も上げているのかはわかりません。

なので、利益が出ているうえに、売り上げも継続的に上がっていなければ、今後も高い配当を出せる企業なのか判断をすることは難しいです。

 

売上高変化率を確認して継続的に売り上げが上がっているかも確認しましょう。

売上高変化率に関していえば、0%以上で問題ないと思います。

前年の売り上げよりも今期の売り上げが勝っている場合、0%以上の数値になります。

0%以上なら前年よりは売り上げが多いということなので、衰退はしていないことがわかります。

 

ただし、過信をしてはいけません。

業界の平均伸び率との比較も大切です。

例えば、産業の市場が2倍に拡大しているにも関わず、企業の売上高変化率が0%程度だったとすると、業界内でのシェアは奪われていることになります。

 

逆に産業の市場が半分に衰退しているにもかかわらず、売上高変化率が0%を少し切っている程度なら、市場でのシェアは拡大しているということです。

 

市場が今後伸びていくかどうかも重要ですが、(長期的に見て衰退していく市場は危ない)市場の伸び率と比較して売上高変化率を確認しましょう。

 

高配当株を正しく選定するために3つの指標を正しく活用しよう

お金 希望

一見高配当株に見えても実は長く続かない罠銘柄が多くあります。

そのような罠銘柄に引っ掛からないためにも、再度以下の指標を確認してみましょう。

  • 配当利回り3%以上(特別配当は除く)
  • 配当性向50~80%
  • 売上高変化率0%以上

これらをしっかり自分の目で見て判断力を鍛え、資産形成をしていきましょう。

最初はだれしも失敗するので、少額で始めましょう。

 

個別銘柄を始めるならネオモバイル証券がオススメです。

  • 株を1株単位で購入できる
  • 手数料が月額実質20円
  • Tポイントで投資が可能

手数料最安で株を1株から購入できるのは現状モバイル証券のです。

その為、少額から国内株を始めることが出来ます。個別株の実践的な勉強やスタートアップにオススメ。

ネオモバの口座を開設する

※口座開設は無料です。

少額から資産形成を始める必要性はこちらの記事で解説しています。

老後の為の資産運用ならSBIネオモバイル証券がオススメ!【少額分散投資可能】
こんにちは、トシです。 年金2,000万円不足問題など、老後の生活費が不安になるニュースをよく耳にします。 巷では積み立てNISAやiDeCoという税金優遇制度も登場し始めました。 でも、すぐに資産運用を始めるにし...

ネオモバイル証券での口座開設法はこちら。

ネオモバ口座開設の為の7ステップ!画像30枚で丁寧に解説
こんにちは、トシです。 少額で資産形成を始めるのにオススメのネオモバ。 実際にネオモバイル証券のネオモバ口座を開設しました。 殆どネットで完結できる上にわずか7ステップで取引可能になります。 簡単に始めることが出来ま...

 

 

コメント