ROAとは?ROEと紐づけたい営業利益率の指標について解説

投資方法
スポンサーリンク

ROAという指標についてご存知でしょうか。

総資産に対してどれだけの純利益が出ているかを示す指標で、ROEとも密接に関わっています。

ROAについて理解して、個別銘柄選定の際に役立てましょう。

株式投資の勉強とスタートアップにはネオモバイル証券

ネオモバの口座を開設する

※口座開設は無料です

スポンサーリンク

ROAは会社の収益性の高さを示す指標

暴騰

ROAはROEと同様、会社の収益性の高さを示す指標です。

トシ
トシ

そして、ROEと同様に大きければ大きい程収益性が高いということです。

 

ROAはReturn On Assetsの略で、日本語では総資産利益率といいます。

式にすると以下。

ROA(%)=(当期純利益÷総資産)×100

会社の総資産に対して、どれだけ利益を上げたかがわかる指標ですね。

 

ROEとの違いは総資産の部分が自己資本に変わるだけなので、関連性はかなり高いです。

ROEの式は以下。

ROE(%)=(当期純利益÷自己資本)×100

ROEは自己資本に対してどれだけ収益が上がっているかがわかる指標でした。

ROEについては別記事でも解説していますので、詳細はこちらをご覧ください。

ROEとは?個別銘柄選定に欠かせない会社の収益性がわかる指標
こんにちは、トシです。 ROEという指標をご存知でしょうか? 会社の業務効率を判断できるので、個別株をやるなら分析が外せない指標です。 しっかり理解して個別株投資に活かしましょう。

 

さて、実際に数字を当てはめてROAの計算をしてみましょう。

メメ
メメ

計算だ~

当期純利益が10億円、総資産が100億円の会社Aは

ROA=(10億円÷100億円)×100=10%

 

当期純利益が10億円、総資産が200億円の会社Bは

ROA=(10億円÷200億円)×100=5%

 

純利益が同じでも総資産によってROAが大きく変わることがわかります。

トシ
トシ

その会社がどれだけの資本を投下して、どれだけの利益を上げたか、ということですね。

ROAはROEと紐づけることで財務レバレッジ活用度がわかる

てこの原理

ROAはROEと併せて考えることで財務レバレッジの活用レベルがわかります。

財務レバレッジとは、他人資本をどれだけうまく活用しているかがわかる指標です。

自分のお金が少なくても他人にお金を借りてうまく稼げるので、商売人として優秀ですね。

総資産÷自己資本で表すことが出来、自己資本比率の逆数にもなります。

財務レバレッジ=総資産÷自己資本
トシ
トシ

これは、前置き。

 

さて、ROAの値としての目安は5%。

5%を超えていれば優秀といえるのですが、ROEをはじめ、PBRやPERなどの他の指標と同じく、ROA一つを取って会社の投資価値を決めるのは非常に危険です。

メメ
メメ

その理由とは・・・?

トシ
トシ

会社の自己資本比率がわからないためです。

ROEだけで判断できないのと同様に、ROAだけで判断しようとすると会社の自己資本比率がわかりません。

例えば、最初に例に挙げた会社Aと会社Bを見てみましょう。

当期純利益総資産ROA
会社A10億円100億円10%
会社B10億円200億円5%
メメ
メメ

会社Aの方が収益性が高いってことだね!

表を見ると、会社Aの方が収益性が高いです。

しかし、会社Aの自己資本が100億、会社Bの自己資本が50億だとしたらROEの値はどう変わるでしょうか。

表にすると以下の通りです。

当期純利益自己資本金ROE
会社A10億円100億円10%
会社B10億円50億円20%

 

メメ
メメ

ROEでは会社Bの方が優秀なんだね!

ROEの表を見ると、会社Bの方が収益性が高いことがわかります。

まとめると、以下の表になります。

ROAROE
会社A10%10%
会社B5%20%

総評としてはこんな感じ。

  • 会社Aの方が借金が少ない健全体質
  • 会社Bは財務レバレッジが利いている(他人資本をうまく活用している)

パッと見ると会社Aの方が財務も健全で安定感がありそうですね。

しかし一方では会社Bはお金をうまく調達して稼いでいるととらえることが出来ます。

トシ
トシ

実際には会社Aの方が圧倒的に投資先として見れますが・・・
※個人の感想です

他人資本の場合は金利の支払いなどもありますが、金利以上に効率よく収益を上げることが出来るのであれば、借金をしてでも収益を上げる方がいいわけです。

年利1%で借金して、年利3%で資産を増やせるなら誰だって来る限り借金しますよね。

メメ
メメ

でも、そんな単純じゃないよね。

借金をして収益性上げられるなら借金をすべきですが、借金をしすぎても業績が傾いたときに首が回らなくなる恐れもあります。

 

なので、無借金の健全財務の会社が好みか、レバレッジを利かせてどんどん収益を上げる会社が好みか、という点でも人によって投資先が変わってきます。

トシ
トシ

でも借金のし過ぎが危ないことに変わりはありません。バランスが大切。

まとめ:ROAもROEも指標の一つでしかない

ローソクチャートとペン

ROAについてまとめると以下。

  • ROA=(当期純利益÷総資産)×100 で表すことが出来る
  • 総資産に対する純利益の割合がわかる
  • 財務レバレッジの活用レベルがわかる
  • ROEと併せてチェックする必要がある

ROAについて解説しましたが、これはあくまでも指標の一つでしかありません。

トシ
トシ

ROEと同様ですね。PERもPBRも全部そう。

個別銘柄を選定する際には欠かせない指標である一方、それだけを信じて銘柄を選定すると痛い目に遭います。

ROAについて理解を深め、ROEなど他の指標も確認することでより精度の高い銘柄選定が出来ます。

トシ
トシ

正直私はできていない。

とはいえ、基礎を知っておくだけでも罠銘柄を避けられますので、是非ROAの知識を活用してみてください。

 

個別銘柄を始めるならネオモバイル証券がオススメです。

  • 株を1株単位で購入できる
  • 手数料が月額実質20円
  • Tポイントで投資が可能

手数料最安で株を1株から購入できるのは現状モバイル証券のです。

その為、少額から国内株を始めることが出来ます。個別株の実践的な勉強やスタートアップにオススメ。

ネオモバの口座を開設する

※口座開設は無料です。

少額から資産形成を始める必要性はこちらの記事で解説しています。

老後の為の資産運用ならSBIネオモバイル証券がオススメ!【少額分散投資可能】
こんにちは、トシです。 年金2,000万円不足問題など、老後の生活費が不安になるニュースをよく耳にします。 巷では積み立てNISAやiDeCoという税金優遇制度も登場し始めました。 でも、すぐに資産運用を始めるにし...

併せて理解したい指標はこちらから。

ROEとは?個別銘柄選定に欠かせない会社の収益性がわかる指標
こんにちは、トシです。 ROEという指標をご存知でしょうか? 会社の業務効率を判断できるので、個別株をやるなら分析が外せない指標です。 しっかり理解して個別株投資に活かしましょう。
PERとは?知っておくべき個別株の重要な指標について解説
PERって何? よくわからない・・・ そんな方の為に向けて個別株の重要な指標であるPERについて解説。 結論を言ってしまえば、今の株価が割安か割高かがわかる指標です。
PBRとは?純資産額に対する株価の割合とその利用方法
PBRって何? よくわからない・・・ そんな方に向けて純資産と株の関係を示すPBRについて解説。 PERと同様にこの指標を見ることで今の株価が割安か割高か判断することが出来ます。

 

コメント