FIREまで一直線へ駆けあがる!家賃マイナス5万円の物件を発見【再現性なし】

物件調査倹約
スポンサーリンク

こんにちは、トシです。

 

投資と節約でFIREを目指しています。

今日は固定費削減の話です。

現在家賃を月8万円払っているので、生活費が22万円かかっています。

しかし、最近なんと家賃がマイナス5万円の物件を見つけてしまいました。

 

住んでいれば毎月5万円もらえるという謎の物件です。

しかも水道光熱費込み。

 

これが出来れば現在の固定費をざっくり14万円改善できるので、

4,200万円分の資産を手に入れたのと同じことに。

これは住むしかない!ということで物件調査に行ってきました。

※関連記事

FIREって知ってる?贅沢よりも自由でセミリタイアを目指す!
贅沢な暮らしよりも自由な暮らし。 自由を目指してセミリタイアを目指す人々がいることがご存知ですか? 何を隠そう私もその一人です。 どうやって自由になるの? 何を求めて自由を目指すの? 経済的自由を求めて早期退職...
生活費の削減でFIREを目指す!経済的自由を達成するための近道はこちら
こんにちは、トシです。 今回はFIREを達成するために生活費の削減の重要性について解説いたします。 FIREって何?って方はFIREについての解説記事をご覧ください。
スポンサーリンク

現在の物件と家賃マイナス5万円の物件の比較

選択

さて早速ですが、現在の物件と家賃マイナス5万円の物件について比較していきます。

家賃

まず現在の家賃と比較します。

現在の家賃は8万円。

一方で謎の物件の家賃はマイナス5万円。更に水道光熱費込みの家賃となります。

 

家賃で比較すると水道光熱費を考慮してざっくり毎月14万円も支出にひらきがでます。

圧倒的に謎の物件が勝ち。

トシ
トシ

毎月14万円の固定費削減と同じです。

間取り

続いて間取りです。

間取りは現在の物件が2DKに対して、謎の物件の間取りは2K。

ちょっと狭くなってしまいますが、とはいえ2人で済む分には困らないでしょう。

この点は現在の物件に軍配が上がりながらも謎の物件も善戦しています。

 

立地

立地については、現在の物件が都内に出るまで約30分。

 

それに対して謎の物件は都内に出るまで1時間程度かかってしまいます。

 

ココがちょっと厳しいポイントです。

私の現在の時間単価と比較して考えてみましょう。

仮に仕事で通勤が往復1時間増えたとして、20日勤務の場合、20時間で14万円獲得ということです。

時間単価にして約7,000円の価値です。

トシ
トシ

うむ、問題ないな。

メメ
メメ

トシの時間単価低いもんね。

トシ
トシ

ぶっちゃけ時間単価2,000円以下ですからね。

まとめると以下の表になります。

現在の物件家賃マイナス5万円の物件
家賃×
間取り
立地×

FIRE達成しやすくなる一方で罠物件でもある

罠

さて、ここまで物件の比較をしてきましたが、家賃がマイナス5万円ということは落とし穴もあります。

それが以下。

  • 立地が不便
  • 仕事がある

立地が不便

立地が予想以上に不便です。

駅から徒歩10~15分とそこそこの距離があるうえ、物件の場所は山の上。

 

階段を5分ほど登り続けなければ到達することが出来ません。

毎日修行になりそうです。

トシ
トシ

ビル10階分くらいの高さ。

仕事がある

家賃マイナス5万円の秘密はここです。

謎の物件に住んだら多少の仕事を任されることになります。

メメ
メメ

言ってしまえば住み込みのバイトだね。

物件に住んでお金もらえるなんてないですね。

当たり前です。

とはいえ、話を聞いた感じそこまでの仕事量はありません。

月5万円は割がいい方だと思っているので、真剣に検討しています。

拘束時間はあまりなさそうなので、増えた通勤時間を考慮しても時間単価は割がよさそうです。

具体的な仕事を記載するとなんか色々バレるかもしれないので記載しませんが、ここに住むことになったら情報を小出しにしていこうかと思います。

家賃マイナス5万円は一考の価値あり

考える人

家賃8万円(水道光熱費別)から家賃マイナス5万円(水道光熱費込み)へ移ることによる金銭的メリットを考えてみましょう。

 

毎月の支出には約14万円の差が出ます。

年間に換算すると14万円×12か月=168万円の支出が浮きます。

これを税引き後利回り4%で得ようとすると

168万円÷4%=4,200万円

固定費を毎月14万円削減できるということは資産4,200万円をもっているのと同等の価値があるのです。

トシ
トシ

これは大きい。

FIRE達成に必要な資産を考えてみましょう。

例えば以下の場合、

  • 家賃8万円
  • 水道光熱費1万円
  • 通信費1万円
  • 雑費1万円
  • 食費3万円
  • 娯楽費5万円
  • 予備費3万円

計22万円

毎月生活費22万円かかるので、FIRE達成には6,600万円の資産が必要です。

 

一方、家賃マイナス5万円の物件に住んだ場合、

  • 家賃マイナス5万円
  • 水道光熱費0万円
  • 通信費1万円
  • 雑費1万円
  • 食費3万円
  • 娯楽費5万円
  • 予備費3万円

計13万円

毎月の生活費が13万円に抑えられたうえ、月々5万円の収入を確保できます。

つまり、別途得る必要がある額は8万円。

毎月8万円を得る為に必要な資産額は

8万円×12か月÷4%=2,400万円

2,400万円の金融資産を持つことでFIRE達成が可能です。

 

もちろんこれは皮算用で、実際に住み込みで少々のバイトをしているわけなので、完全自由ではありません。

それでも毎日の満員電車や始業時間、残業に追われることはなくなります。

仕事に追われなくなるということは新しいことにチャレンジできる環境が整うということです。

 

  • 当ブログの運営時間が増えたり、
  • youtubeでの配信など別媒体の利用を開始してみたり、
  • 全く別のビジネスを始めたり、

 

本当にいろんなことにチャレンジできます。

そんなわけで、家賃マイナス5万円の物件について現在検討中ということですね。

 

再現性はありませんが、FIREを目指す皆様も固定費削減にアンテナを張ってみてください。

コメント