資産形成するために最も重要なことは資金力と資金の集め方!

資産形成するために最も重要なことは資金力と資金の集め方!投資論
スポンサーリンク

自分もお金持ちになりたい・・・

今は貧乏だけどいつかは・・・

 

そんな方って多いですよね。でも、資産形成に必要なのは資金力なのです。

それはなぜ?今から資金作れる?

解説いたします。

スポンサーリンク

資産形成に最も重要なのは資金

お金

資産形成に最も必要なことはどれだけの金額を投入できるかです。

メメ
メメ

元も子もない!

トシ
トシ

これが現実です。

元も子もないことを言っていますが、これは紛れもない事実です。

なぜ資金が重要なのかを解説します。

投資は掛け算で増えていく(複利効果)

投資は掛け算式で増えていきます。

というのもかけたお金の○○%がリターンになるためです。

メメ
メメ

年利ってやつだね!

株式のインカムゲインを狙うのであれば年利3%程度が相場です。

これは100万円の資金を投入したら、一年後には103万円になっているということです。

同様に200万円の資金なら206万円。

1000万円の資金なら1030万円になって一年後返ってきます。

 

つまり、同じように投資をしていても100万円かけられる人と1000万円かけられる人とでは、リターンに差が出ます。

なので、資金力が高い方が投資は有利です。

 

更に、これを何年も繰り返すと複利効果で資金が増加するペースがどんどん上がります。

表に示すと以下の通りです。

 

投資額1年後2年後3年後4年後5年後
100万円103万円106.1万円109.3万円112.5万円115.9万円
200万円206万円212.2万円218.5万円225.1万円231.8万円
1,000万円1,030万円1061万円1093万円1125万円1159万円

1,000万円投入した場合、現在→1年後は30万円の増加ですが、4年後→5年後は34万円増加していますね。

これが複利効果です。

 

複利効果…元本に利息を加えて増えた金額が翌年の元本になること

 

給料に複利効果はない

一方で、サラリーマンなどでもらう給料の場合はどうでしょうか。

 

年収400万円なら、一年間で400万円のお金を手に入れることが出来ますよね。

翌年は1万円の昇給があったとして、ボーナスも考えて年収が420万円になったとします。

この年だけ見れば、5%の増加です。

 

しかしさらに翌年、また1万円の昇給があったとしても、%に直すと今度は4.7%の増加率になります。

給料は掛け算ではなく、足し算で増加していくのです。

トシ
トシ

400万→420万→440万と増えていく場合、10年経っても600万円。
しかも自分の時間を切り売りする必要があります。

資産形成する為に具体的に利回りを計算してみよう

電卓とノート

投資で資金力が重要なのは年利で増えていくからですね。

では資産形成をしていくためにどれくらいの金額をどれくらいの期間で稼ぎたいか具体的に計算してみましょう。

1年で資産を100万円増やす場合

1年で資産を100万円増やす場合は、以下の通りです。投資できる資金別にまとめています。

投資額必要な年間利回り
100万円100%
500万円20%
1,000万円10%
1億円1%

 

表を見れば一目瞭然ですが、1億円持っている人が100万円稼ぐのは容易です。

逆に、100万円しか持っていない人が100万円稼ぐのは非常に難しいです。

というか、レバレッジをかけて投機的に大きな勝負をする必要があります

 

しかし、それは100万円をなくすリスクが非常に大きいうえに、投資の本質からは遠ざかってしまうので、不可能と認識しましょう。

トシ
トシ

株式投資における年利の相場はせいぜい5~6%です。

5年で資産を100万円増やす場合

5年で資産を100万円増やす場合の表は以下の通りです。

投資額必要な年間利回り
100万円15%
500万円4%
1,000万円2%
1億円0.2%

 

この表を見ると、1000万円投資できる人や500万円投資できる人でも5年間あれば100万円を増やすことが出来そうですね。

一方で100万円しか投資できない人はまだまだ資産を増やすのが難しそうです。

 

また、1億円持っている人は増やせない方がおかしいくらいの年間利回りでOKです。

100万円でも少しうまくいけば達成できるかもしれないと思いますが、実際には難しいです。

 

年間利回り15%は1年だけ見れば達成できる年もあるかもしれませんが、5年間続けて15%の利回りを出す必要があるためです。

やはり多少のリスクをとる必要があり、しかも5年の間継続しなければいけないというのはハードルが高いです。

 

いずれにしても、表にすると投資金額が大きい程有利というのがより明確にわかりますね。

トシ
トシ

自分が欲しい金額を考えて計算してみましょう

資産形成のための資金を集める方法はただ一つ

選択

メメ
メメ

そしたら、どういう風に資金を集めたらいいの?

トシ
トシ

節約しましょう。

資産形成のための資金集めは収入>支出の状態にするしかありません。

 

月に20万円稼いでいる人なら生活費を10万円で済ませましょう。

月に50万円稼いでいる人なら生活費を30万円で済ませましょう。

月に20万円稼いでいて生活費が20万円かかってしまうなら収入を10万円あげましょう。

 

自分の収入を増やすか自分の支出を減らすかのどちらかしかありません。

オススメはまず余分な固定費を見直すところから始めることです。

固定費削減の大切さについて解説した記事

固定費削減で資産形成は捗る!不要な支出は抑えよう
こんにちは、トシです。 突然ですが、皆さんは月々の固定費を把握していますか? 固定費削減は資産形成をするなら必須のスキルです。 自分の固定費を把握して、削減できる部分は徹底して削減しましょう。 当記事では固定費削減の...

 

「自分の収入と支出を理解して、必ず一定の金額を毎月投資に回す。」

これだけで、半自動で自分の資産が積みあがっていきます。

詳しい概念はこちらでも解説しています!

「バビロンの大富豪」に学ぶ!お金持ちになる為の原理とマインド!
お金を増やす原理原則。 お金を守る原理原則。 お金に困らないための原理原則。 お金についての考え方と心構えが勉強できる名著「バビロンの大富豪」に学びます。

 

最初は無理なく、資産形成を始めましょう。

コメント